ととある日のクル Vol.10

新規:2010年10月17日/更新:2010年10月17日

情報

初出

ねことも Vol.10

掲載誌発売

2010年10月16日

リード他

●竹本家の甘えんぼう猫 クルの日常●
(はぁと)ふしぎな生態が今、明らかに!?

(ねこ球)でもいきなりおなかにのられたら、ちょっと嬉しいですね。

あとがき

前略、竹本泉です、猛暑が終わって
猫が積極的に足にまとわりつきます。うじゃ。

感想

今回は、入り込むのが好きって話。
クル「入ってるのを何でみるのよ。」
先代ツヴァイは、隙間をみつけると素早く入り込む。
クルちゃんは、のんびり入ろうとする。
先生が気が付いて閉じてしまえば、興味は別へ。
でも、隙間が突然できれば、興味を持って入り込む。
そして、「見られて心外」と顔をする。
最後は、先生がごろりと横になるとお腹に乗ってくる。
そんなクルちゃんの生態です。


なぜ?って思う様な場所に入り込んでるよね。
CDラックの隙間、本箱の上の隙間、ダンボール箱、クローゼットの隙間、テレビの後ろの隙間。etc.
しかも入りきってないのに…。安心しきった顔がまた。
そこは、見られて心外って顔をするクルちゃんと違うな。
って猫のどんな顔やっ!
絶対飼い主にしか分からない表情だよね。本当に猫バカです(^^)

最後のクルちゃんのお腹に白いのが付いてるけど、クルちゃんのお腹に白い毛が生えてるのかな?
ちょっと興味あり□

そんな「突然そこに」が好きな「ととある日のクル」でした。

  • あとがきの感想
    お腹に乗ってもらえて、前話でひざに乗りたがられて、そして足にまとわりつく。
    先生がうらやましい。
    うちの猫達は、すでにホットカーペットへ一直線です。

ととある日のクル


トップ   リロード   単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 17 Oct 2010 21:08:28 JST (3587d)