ととある日のクル Vol.9

新規:2010年8月22日/更新:2010年8月22日

情報

初出

ねことも Vol.9

掲載誌発売

2010年8月16日

リード他

●竹本家の甘えんぼう猫 クルの日常●
(はぁと)クルちゃん、満身創痍です。

(ねこ球)病院が嫌な気持ちはわかりますが、少し嫌がりすぎかも…?

あとがき

前略、竹本泉です。なんか、この暑い時期になぜか
うちの猫はひざに乗りたがるように…なぜ?うじゃうじゃ

感想

今回は、病院きらーい話。
以前は病気が続いて病院通い。
今はすっかり健康で、年一回の予防接種の時だけ病院へ。
嫌がるクルちゃんを連れて病院へ行くと、看護師さんが重武装。
暴れるので、翌年は二人で、今年も同じく二人で重武装。
見かねた先生がひょいとねこかごからとり出す。
「あら」と看護師さん達。重武装で怖かっただけ?


4ページのショートショート。
前回も前々回も書いたけど本一冊になるのに何年待てば良いのやら…。
くるみパン』によると「とある日のクル」が約100頁だったのでVol.20ぐらいで一冊か(まえがき、なかがき、あとがきは当たり前)

病院はね。うちの猫らも同じで、かごやキャリーバッグを準備した段階で察知して逃げる。
クルちゃんは、見るまで気が付かなかったから、ちょっとおっとりしてるのかも。
あばれて、変な声で鳴いて抵抗。「う゛ー」に「な゛ー」ですか。

そして、重武装(コテ)で捕まれて大あばれ。二人になって超大あばれ!
今年は、見かねた先生がひょいと持ち上げ「に゛ゃっ」で終了。
いや、看護師さん達や、関心するなって、その辺りは飼い主の方が良く分かるよ。
最後は、看護師さん達が戻すのに大あばれ「に゛ゃーっ」
なにもしなくても自分からもどるのは、うちも同じ。本当に診察室が嫌なんだね。
自分のにおいがする「かご」が安心するんだろうね。

最後に看護師さん達のフォローをしてます。
怪我で労災…おりるのかな?とか思ったり。

しかし、最後のクルちゃんは、すごい顔だなぁ。
普段が可愛いだけに、ギャップが…。
それと毎年、看護師さん達が替わっているのは興味深かったり。

よく考えたら、病院側は、かごからのとり出しと、かごへ戻すのは飼い主に任せた方が良いのでは?
と思った今回のお話でした。
近所の病院は、そーしてくれてるよ。

そんなクルちゃんの病院騒動な「ととある日のクル」でした。

  • あとがきの感想
    「ひざに乗りたがる」が嬉しい気持ちと暑いとか、相反しますね。
    クルちゃんからしたら、先生のひざが心地良い座布団にみえるんですね。
    一切寄り付かれない私にとって、うらやましい。

ととある日のクル


トップ   リロード   単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 22 Aug 2010 19:59:20 JST (3722d)