ねこめ〜わく第65話…ぶらぶら

新規:2012年1月21日/更新:2012年1月21日

情報

初出

HF倶楽部 2012年1月19日

解説

ねこの世界に帰ってきた宇宙飛行士のマデリンは、
やっぱりねこに慣れません。
そして足を挫いてしまうけれど、
仲間のオスカはマデリンをお姫様だっこで、
家まで連れて行く。
まぁ、例によってこれが騒動の始まりだった!!

リード他

〜ぶらぶらぶらぶらぶらぶ〜

百合子様
“愛”って何ですか?

次回

天下無敵!
百合子さまの
大騒動を見よう!!
ついでにねこたちも!

次回 3月15日配信
「HF倶楽部」は毎週木曜日に新作更新です!!

あれまで入ってる!!
コミックス「ねこめ〜わく」第7巻
大好評発売中!!
今巻は、描き下ろしもスゴイです〜!!

作者のコメント

前略、竹本泉です。
寒さにはかなり弱いので、ぐだぐだです。
暑さは平気なんですけどね。うじゃ。

感想

歩けば、猫たちが寄ってくる。
猫が苦手なマデリンは気が休まらない。
そんな状態だからねこの注意も聞き取れず、足をくじく。
丁度オスカが通りかかって、お姫様だっこ。
もちろん猫たちの間で流行る。

オスカが看病してるのだが、マデリンの寝巻きは色っぽい。
百合子がじっと見てしまうほど。
程なくして、百合子が見舞いに行くと男装してました。 がっかり(百合子談)。

どんどこどんどこ呼ばれてみれば、
マデリンとオスカがよりを戻したのでデート中近寄れなくなり、猫たちの世話が二人に集中。
それでヘンリヒが思いついたのが、百合子とデート。
これで猫たちが近寄れなくなるとの短絡的な考え&百合子とデートができる。
結局、全てを猫たちにやらせてたヘンリヒは、役たたずと言う事で。


マデリン、最近は男装していないな。
と思ったらオスカとのより戻しの前振りだったのかな?
良い女なので何着ても似合ってたけど。
よりを戻した二人。百合子とヘンリヒを絡めて今後が楽しみです。

さて、百合子さま…ヘンリヒとの関係は相変わらずですかな。
ヘンリヒのデートの一言でとても喜んでたけど。
ま、それより、マデリンの胸元を見てるときの目がとてもキラキラしていて、
そこまで見たいかと思いましたよ。

  • 扉絵
    渓谷を展望できる場所。
    冬らしくクロフとハヤカワはコートを着ています。
    百合子もタートルネックのセーター。
    奥に見えるのは、雪山でしょうか。
    ねこの世界も四季があります。
    「ぶらぶら」してたら「らぶ」が来たと。→「ぶらぶらぶらぶらぶらぶ」

  • 作者のコメントより
    寒さに弱いって変温動物ですかっ。
    それはともかく、他紙にてエアコンが壊れたとのこと、ご自愛ください。

しかし、肝心な所で役にたたないな、残念な男「へンリヒ」。

ねこめ〜わく


トップ   リロード   単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 21 Jan 2012 22:48:17 JST (3126d)