日々にパノラマ 第10話

新規:2010年4月4日/更新:2010年4月5日

情報

初出

コミックフラッパー2010年5月号 No.126

掲載誌発売

2010年4月5日

リード他

新規一転!!
とかあるわけでもなく……。

乾かすのも大変だしね。

あとがき(フラッパーボイスより)

前略、竹本泉です。
残念ですが、智尋はスカートをはきません。
似合わないので。
髪とかが伸びればまた話は変わってくるんですけどね。
ちなみにソバカスは描き忘れないかぎりなくなりません。
うじゃうじゃ。

紹介(コミックフラッパー.comより)

南の島のちょっと不思議なほのぼのライフ。
高校1年に進級した智尋。
あれ?なにかクラスの人数が少なくない?

感想

孤島じゃない南の火山島。
海洋・地熱・火山研究所があって、初等部から大学まで子供達が通う島。

今回のネタは、新学期。
本当に殆どの夏とちょっとの冬があるだけだね。
半袖タンクトップは当たり前。
関東に住んでいる私にとって不自然な光景だ。


新学期になって高等部へ向かう智尋、洋太、深海ちゃん。
出席をとる時、新入生が別にいるが怪我で延期した事を知る。
先生は中等部と掛け持ち、入学式から授業を始める。
暑い夏休みが長い分、授業を多くしているのだ。
高等部2年生の教室へ行く智尋。人数が少ない事に気が付く。
地学発電所のスタッフ異動で本土に戻った子が多いとか。
代わりに初等部の人数が増えたとか。
妙な事が多い火山島。
何百年か前に半分沈んで、地震で隆起したとか。
その時でも残ってた建物をそのまま使っている。
そして、高等部になっても変わらない智尋。
変えるためにと深海ちゃんがスカートと髪の毛を伸ばすことを提案。
智尋、昔、髪の毛を伸ばしてたとか。しかもおさげ。
でも、泳いでいたら妙なものに髪がひっかかり
溺れそうになって髪を切りました。
結局、変わるにはスカートが一番と勧める深海ちゃんだった。


深海ちゃんのミニスカート良いですな。
よっぽど暑かったんだな。今までほぼワンピだったのに。
授業の初めで、先生方、中等部と掛け持ちなら、自己紹介要らないと思う…。
過去の話で、何百年か前に半分沈んで、地震で隆起した。
その時でも残ってた建物をそのまま使っている。
つまり、何百年前の建物なのだ。。。歴史的価値が高いのでは。

智尋のおさげ、ぱっと見た時可愛く感じた。
でも良く観ると、ショートが似合ってる。
ボーイッシュな彼女には、ショートが似合ってます。
今回は、島や智尋の昔話をした感じで深海ちゃんの能力話はなし。
「うわあ(はぁと)」が久々にみたい。
今後、深海ちゃんの過去話も読みたいですね。
さて、謎の転校生、これからどの様に絡んでくるか楽しみです。

日々にパノラマ


トップ   リロード   単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 05 Apr 2010 23:08:39 JST (3861d)