ねこめ〜わく第67話…からから

新規:2012年4月21日/更新:2012年4月21日

情報

初出

HF倶楽部 2012年4月19日

解説

ねこの世界に呼び出された百合子は、
ねこたちの作ったお菓子を食べていた。
その時、お菓子の中から出てきたのは、
おみくじだった。
元宇宙飛行士のオスカのアイデアだったが、
これが例によってねこたちに火をつけた!!
大人気のほのぼのSF的コメディー!!

リード他

〜一日の計は〜

百合子様
ねこはやっぱり高い所が好きです…。

次回

天下無敵!
百合子さまの
大騒動を見よう!!
ついでにねこたちも!

次回 5月17日配信
なんと、「ねこめ〜わく」は3か月連続配信中!!

あれまで入ってる!!
コミックス「ねこめ〜わく」第7巻
大好評発売中!!
今巻は、描き下ろしもスゴイです〜!!

作者のコメント

前略、竹本泉です。
ちょっと家を空けると
見計らったように荷物が届きます。
見張ってる?
うじゃ。

感想

猫の世界でお茶してくつろぐ百合子。
菓子を食べると中から「悪くない」の紙が出てくる。
オスカが仕込んだくじだった。
が、クッキーには良くない。焦げてるし。
当然、ヘンリヒのくじは「末凶 わるいぞ」
これをみた猫たち「キラリーン」
次回呼び出されて早々にくじを引かされ
猫の生活の道標とまで言われ。
好きだよねー。猫たち。
また一つ人生が増えました。歌と踊りとおみくじ。
ヘンリヒが諭そうとすると、
猫たちから引いたくじが当たってるからと言われ、
まんざらでもなさそう。


「待ち人来たる」いや、だいぶ前から来てたけど。
ヘンリヒ、さっさとプロポーズしちまえ。とか思っちゃうね。
さて、今回は単なる騒動で終わらなくて猫の人生の一つになっちゃいました。
本当に続くのかはともかく。話の進展が早くなり始めてる?
いや、3か月連続連載で早い気がするだけだな。


  • 扉絵
    春になり始めかな。
    花がないのが寂しいけれど、猫サイズの樹に登ってる猫たちの姿は珍しい。

  • 「…からから」
    お御籤の時の音ですよね。

  • 作者のコメントより
    一昔の言い方でマーフィーの法則です。
    諦めましょう。

ねこめ〜わく


トップ   リロード   単語検索   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 21 Apr 2012 16:42:52 JST (3076d)